通販で買えるカルドメックチュアブルなら予防できるフィラリア症、その恐ろしさ

カルドメックチュアブルの購入はこちら
ペットと飼い主 犬の有名な感染症、フィラリア症。動物病院では、フィラリアの予防摂取を呼びかけています。

フィラリア予防は予防接種の方法にもよりますが、毎月1回8ヶ月は継続する必要があります。きちんと犬に予防接種を受けさせると、予防できる病気です。

フィラリア予防の手段のひとつとして、薬を与える方法があります。しかし犬によっては薬を嫌う子もいるので、予防の時に苦労することも…

そんな悩みを解決するフィラリア予防が、カルドメックチュアブルです。カルドメックチュアブルはフィラリアの予防だけでなく、犬回虫や犬鉤虫のような、フィラリアと同じく体内に寄生する虫を駆除する効果も持っています。

カルドメックチュアブルはチュアブルタイプで、犬が好む風味に作られているので、薬をなかなか飲んでくれない子もすんなり食べてくれることが多いです。

効果があって活用しやすいカルドメックチュアブルは、動物病院から処方してもらう以外に、通販で購入することもできます。

通販で買えるカルドメックチュアブルなら予防できるフィラリア症、その恐ろしさとは

ペットのイメージ予防方法がいくつも考案されているフィラリア症は、主にどのような被害をもたらす病気なのでしょう。

フィラリア症はフィラリアという寄生虫が体内に入り込み成長して、心臓に異常を起こす病気です。

かつては、犬の死因として1番多い病気とされていた時期もありました。その感染力は強く、恐ろしいものです。

具体的にどのような恐ろしさを持つ病気なのか、詳しく見てみましょう。

なぜ感染するの?

ペットのイメージフィラリア症の感染経路は、蚊によるものです。

まず蚊が、すでにフィラリア症に感染している犬の血を吸います。

するとフィラリアが蚊の体内に入り込み、体内で幼虫に成長します。

この状態の蚊がほかの犬の血を吸う時に感染するのです。

特に蚊が多く発生する夏や秋などの時期には、感染する確率が上がります。

外で飼われている犬はもちろん、普段は室内で飼われているという犬にも感染する可能性は十分あります。

またフィラリア症の感染被害は犬が最も多いですが、犬だけでなく猫にも感染する恐れのある病気です。

感染するとどうなる?

フィラリア症は、感染してからもなかなか感染したことに気付きにくく、発見が遅れることが多いです。

フィラリアは幼虫の状態で犬の体内に入りこんだ後、体内で成長して成虫になります。成虫になった頃には、わかりやすい症状が現れるようになります。

フィラリア症の症状として、主にこのような様子が見られます。

息切れしている

咳をする

元気がなくなる

腹水が溜まってお腹が膨らむ

血尿を出す

これらの症状がもしも愛犬に現れているなら、早めに診察を受けましょう。

フィラリア予防を忘れない

カルドメックの画像医学が進歩してフィラリア症の死亡率が低くなっても、フィラリア症は放置しておくと死のリスクが十分に存在する感染症です。

感染を早期に発見することも大事ですが、何より重要なのはフィラリアの感染を予防することです。1ヶ月に1回の予防摂取によって、フィラリア症は高確率で予防できます。

フィラリア症は蚊によって感染が広がることがわかっています。蚊の多い時期には特に注意してフィラリア予防を続けることで、愛犬の命が守られます。

愛犬の命を感染症から守るための予防接種は、飼い主さんの大事な義務といってもいいでしょう。

カルドメックチュアブルという薬は、フィラリア予防対策としてわかりやすくおすすめな方法のひとつです。犬の体にも飼い主にも負担を少なく使用できる薬なので、フィラリア予防をきちんと続けたいという人は使用も検討してみてはいかがでしょうか。

それぞれの愛犬に合った方法で、こわいフィラリア症の感染を予防しましょう。

カルドメックチュアブルの購入はこちら

コメント